Call 045-911-8662

痛くない歯科治療

眠っている間に不安なく快適に受けられる

歯の治療が必要だけど、 どうしても歯科治療が怖い

お口の中にする麻酔が怖い

嘔吐反射があり、治療ができない

お口の中がボロボロ

このようなお悩みの抱えている方へ、従来の歯科医院の「怖い・痛い」というイメージを払拭するために、完全無痛治療を目標に痛くない・怖くない治療を提供しています。痛みが苦手な方や、快適に治療を受けたい方などは、お気軽に当クリニックまでご相談ください。眠っている間に治療を終えることができるので痛みや不安なく治療を行えます。

※こちらは自費診療のみの対応となります。

無痛治療(静脈内鎮静法)とは

静脈内鎮静法とは、歯科麻酔科医が鎮静薬や麻酔薬を点滴から注入して、歯科治療に対する不安感や恐怖心を取り除き、精神的な安静状態をもたらすための方法です。
全身麻酔法とは異なり、意識を消失させない程度に中枢神経系を抑制して、リラックスした状態になります。
また、静脈内鎮静法は、単に歯科治療時における不安や恐怖の除去だけでなく、全身疾患のある方の安全管理の一手段としても有効な方法です。
当院で行っている無痛治療は、腕から入れる点滴麻酔によって、ウトウトと眠っているような状態、もしくは完全に意識がない状態の中で治療を行います。
当院で行っている全ての治療で静脈内鎮静法をご選択いただくことが可能です。
治療後にお休みいただく時間は頂戴いたしますが、全身麻酔と異なり、日帰りで行える治療法です。

無痛治療の診療風景

無痛治療のメリット無痛治療のメリット

痛み不安なく歯科治療を受けられる

腕から入れる点滴麻酔で眠っているような状態での中で治療を行います。治療途中で麻酔が覚めてしまうこともないので、痛みや不快感を感じることなく治療をお受け頂きます。「皆さん気づいたら治療が終わっていた」とおっしゃいます。治療後、麻酔が覚めた後も治療中の記憶はありません。歯科恐怖症や嘔吐反射がある方にも安心して治療をお受け頂けます。全身麻酔と異なり、日帰りで治療を行うことができます。

通院回数を少なくすることができる

歯医者が怖くて治療に行けず、お口の中がボロボロで、複数ヶ所治療を行う歯がある場合、当院では静脈内鎮静法で最大4時間まで時間を確保し、治療を一気に進めていきます。
通常の局所麻酔では、口を開け続ける患者様のご負担を考えると2時間程度が限界ですが、静脈内鎮静法ならお口を開けている疲れを感じることなく治療をお受け頂けます。
何度も歯医者に通うのが苦手な方少ない治療回数で治療を終えることができます。

Recommend無痛治療がオススメなケース

case01

歯科治療が怖くて、歯医者さんに通えない方

以前に歯科医院で怖い思いをして、トラウマになってしまっている方でも、静脈内鎮静法による無痛治療なら眠っている間に治療が終えることができます。
今以上悪くなる前に、ぜひ一度ご相談ください。

case02

お口の中の麻酔が怖い方

お口の中にする局所麻酔は注射を刺すときや、薬液を注入するときの痛みを完全には消すことはできません。また、局所麻酔は注射を行った部分のみの感覚を麻痺させる麻酔なので、治療中の音や振動など消すことができません。当院の無痛治療では、こういった歯科治療への恐怖心の原因を取り除くことが可能です。

case03

嘔吐反射が強く、すぐおえっとなってしまう

口の中に何かを入れるだけで「オエッ」とえずいてしまう症状を「嘔吐反射」、専門的に「異常絞扼反射」と言います。この嘔吐反射が強く、通常の状態では歯科治療を受けることができない方でも静脈内鎮静法なら眠っている間に治療を行うことができます。

case04

リラックスして不安なく快適に治療を行いたい

とにかく不快感なく治療を受けたいなら、静脈内鎮静法が最適です。眠っている間に治療が終わり、目が覚めたときには治療が終わっています。

担当医師

院長盧山 晨Shin Rozan

”自分が受けたい治療を提供する”ことをモットーに診察に取り組んでいます。歯科治療に対して、誰もが「痛い」「怖い」等のネガティブなイメージがあると思いますが、アットホームな雰囲気で、そういった緊張を少しでも解いて診療するよう、心がけています。ご興味がある方や、お口のことに疑問を持ってる方、お気軽にご相談ください。

無痛治療の料金無痛治療の料金

静脈内鎮静法

料金
最初の60分 ¥50,000(税抜)
追加30分毎 +¥ 10,000(税抜)

上記の料金は静脈内鎮静法の麻酔代のみになります。別途各種治療費が発生します。
静脈内鎮静法の料金は時間によって決まります。治療内容によって変わります。

注意点(リスク・副作用)

  • 薬に含まれている成分にアレルギーがある方には使用できない可能性があります。
  • 心臓・肝臓などに異常がある方には使用できない可能性があります。
  • 妊娠時、授乳時、小児には使用することができません。
  • 当日は麻酔前の飲食はお控えください。
  • 麻酔終了直後は頭がはっきりしないことがあるので、院内で十分休んでいただくか、ご家族もしくはお知り合いの方にお迎えにきてもらってください。
  • 麻酔終了後の痛みは、飲み薬にて対処いたします。
  • 保険適用外(自費診療)となります。

治療の流れ

初診ご予約

お電話、またはWEB予約フォーム、ご予約時に、無痛治療希望とおっしゃっていただくかご記載いただけると、ご予約がスムーズに行えます。
お好きな方法でご予約ください。

初診時

ご来院

問診票等のご記入をお願いしております。
ご予約時間の15分程度前にご来院頂けるとスムーズにご案内できます。

診査・診断

ご記入いただきました問診票を基に歯科医師がカウンセリングをさせて頂きます。 患者様の理想に近い治療を行っていくために、しっかりとご希望を把握させて頂くことが大切になります。どんなことでもご相談ください。
カウンセリングが終わりましたら、お口の中の状態を把握するため、レントゲンやCTを撮影させていただきます。
どこの治療をどのように始めていくかといった治療計画を立てるために、お口の中を拝見させていただき、少し触らせて頂くこともございます。
削ったりといったことは行いませんのでご安心ください。

お見積りのお渡し

診査・診断などが終わった段階で、患者様の歯の状態からどのように治療を進めていくのかといった治療計画とお見積りをお出しいたします。
お見積りはお持ち帰りいただき、しっかりとご検討していただけます。
初診時に治療をご希望の場合はそのまま治療を行っていきます。

治療開始

治療開始

治療当日に担当医から行う処置の内容を説明致します。心拍数・酸素飽和度・血圧などのバイタルサインをモニターする機器を付けます。
腕から点滴を開始し、少し眠たくなってきたところで、処置を始めていきます。点滴からのお薬には鎮痛効果はありませんので、処置によってお口の中に麻酔の注射が必要なときは合わせて行います。

健忘(忘れる)効果により、口の中に麻酔をしたことなどは覚えていないことがほとんどです。

ご休憩

眠気がとれるまで少しお休みしていただき終了です。

治療終了

完全に麻酔が覚めた段階でご帰宅頂きます。治療当日はお車の運転などは行えません。

歯科治療では、虫歯治療ひとつとっても様々なアプローチの仕方があります。その選択肢の中から、患者さまのご希望もふまえた最善な治療を提供させていただきます。
皆さまが安心して治療と向き合えるよう、対話を大切にしていきますので、小さなことでもお気軽にご相談ください。

診療内容詳細へ
オンライン予約web予約
ページトップへ